ゴノレフ球田のゴルフ練習場 【2015年3月版】ゴノレフ球田の理想のクラブセット

ゴノレフ球田のゴルフ練習場

20代の初心~中級ゴルファーが、ゴルフに対しての疑問をいろいろぶつけていくブログです。老若男女問わず、お越しくださいませ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2015年3月版】ゴノレフ球田の理想のクラブセット

どうもこんばんは。ゴノレフ球田です。
今日は前々から書きたいな~と思っていた理想のクラブセット
を「で~ん」と載せちゃおうと思います。


それじゃあ、で~ん。



番手メーカークラブ名ロフトシャフト
1WTaylormadeR15 46011°TM1-115(S)
2WKascoPOWER TORNADO
SKY DRIVER
13°POWER TORNADO
SKY DRIVER(S)
3WPRGRegg spoon PX-03D15°Motore Speeder 65f(S)
5WPRGRegg PX-03D19°Motore Speeder 65f(S)
5I
~PW
MizunoJPX E600 FORGED24°
~44°
N.S. PRO 950GH HT(SR)
AWGOLF PartnerNEXGEN FORGED52°N.S. PRO 950GH(S)
SWBALDOPROTOTYPE TT FORGED58°N.S. PRO MODUS TOUR120(S)
PTTaylormadearc1 34inch2.5°

はい、ご覧いただければわかるように、かなりマニアックです!!
それでは、なぜこのクラブ達を選ぶに至ったか。説明でございます。。




ドライバー:まず自分はテーラーメイドが好きなので、そのバッグに入っている中でも一番目立つドライバーはテーラーにしようと決めております。(今はアダムスですが 笑)
ジェットスピードはデザインが好きだったんですが打ってみたら今ひとつピンと来ず、SLDRなど打てるはずもなく、R1もピンと来ない…エアロバーナーは打感硬すぎ…。そこでビビッと来たのが、このR15でしたね。
今流行りの低スピン系がいいなという希望があります。このR15は見た感じSLDR並みにハードなのかなと思ってましたが、実際は打てます。
で、なおかつデザインもいかつくて少し子供っぽくて、自分好みこの上ないです。で、カチャカチャも出来ると。もうこれしかない。

ブラッシー:来ました普通の人は入れてない2番ウッド!!!
これは今使ってるドライバーの方向性が安定しないので、スコア重視のラウンドをしたい時に使うクラブです。
ドライバー-15ydsぐらいの飛びですが、ドライバーよりも真っ直ぐ、そしてスプーンよりも飛ぶ(ミスしたドライバーよりも飛びます)ので使ってみたいなと。
テーラーメイド好きとしてはSLDR miniにしたかったんですが、キャスコのが打ちやすかったです。

スプーン、クリーク:このセットの中で一番異質かなと。調べたところ、このクラブはシニア向けのクラブらしいんですが、そんなことより形状が気に入りました。変わった形状のクラブが好きなので(ぁ
このエッグはクラウン(ヘッド上部分)が無いんですね。だから低重心で球がブッ飛ぶという。
でソールもかなり滑りがよくて気に入りました。でも、シニア向けのを使うのは少し恥ずかしい…ということで
シャフトはスピーダーにしようかなと。シャフトがスピーダーなら許される気がする(笑)

シニア向けのが嫌な人の為に「egg spoon H・D」というハードヒッター向けのものもあるのですが、それだと5Wが無いんですよね。5Wがあれば確実にそっちにしてたんですが。中途半端なことしないで欲しいですね。でも、H・Dの方は打音も落ち着きすぎちゃっててやっぱり普通のの方が好みでした。

アイアンセット:ユーティリティが無いのはご愛敬。欲しくなったら入れます←
これは今すでに持ってます。かなりイイ(゜∀゜)です。
ワイドソールが欲しいけど、トップブレードがボテッとした奴は嫌なので、自然とこれに行き着きました。
さすがミズノ、いいアイアンです。ストロングロフトなので距離も出て、軟鉄なので打感もいいです。文句なし。

アプローチウェッジ:これはこの間ゴルフパートナーに行った時にガン推しされました。笑
なんでもすごい人が作ったウェッジなのだとか。で、実際構えてみたらなるほど、
確かにすっごくキレがありそうで、かつ難しくはない。正直アプローチウェッジだったら少しくらい難しくても
打てそうな気がするので、打感も吉、スピンも吉、顔大吉。な このウェッジを選びます。
シャフトはサンドウェッジと合わせてモーダスにしようかと思いましたが、重量バランス的には950がピッタリでした。

サンドウェッジ:まさかスコアが100前後の人間が地クラブを使うことになるなんて思いませんでした。
いや、これ、お店で構えたら他のどんなサンドウェッジより感触がよかったんです。
自分がサンドに求めるのは、バンカーから出ること、ヘッドが大きくて安心感があること、すわりがいいこと。
あとはバンスがでかすぎないことですかね。(せいぜい12°ぐらいまで)

このバルドはそんな自分にぴったんこカン★カンでした。
すわるし、ヘッドでかいし、開いても打ち易そうなリーディングエッジ、バンカーでも滑りそうなソール、
そしてヘッドが効いてるのでクラブの重さに任せてバンカー脱出できそうな気がしたからです(バランス:D3)。
シャフトはモーダスでちょうどいいです。

パター:今かなりいいとネット上で評判のアークワン。
いいえ、ネットでの評判を見る前から「このパターはヤバい」とわかりました。素人の自分でも。
だって、すわりがいいし、ただ真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す振り子の動作が超オートマチックにできる!!
方向性がまったく狂わない。加えて、ヘッドがカップと同じ大きさだから「ボールをカップに入れる」イメージではなく
「カップとカップを結ぶ」イメージで打てる。それだけでカップインする。カップインしなかったとしても、
大外しすることがなぜかないです。う~ん…不思議なパターだ…。




以上かなり長くダラダラと語ってしまいましたが、これが2015年3月現在のゴノレフ球田の理想のクラブセットです。
現在はそれに向かって毎月1本ずつ揃えていってます!(moneyの都合上)
来年を迎える頃には、キャディバッグやウェア含め超本格的な見た目になってるんじゃないでしょうか(笑)

このセット揃える為、


以上ゴノレフ球田でしたぁ。




 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。